お葬式に関する知識
お葬式に必要な知識について

お葬式の一般的なプラン

お葬式を行う場合には様々な項目の料金がかかりますが、最近では費用をできるだけかけたくない方も多くなっています。また休日を長く取ることが難しいので、短い時間で終了するプランがいいという方も同様に増えてきています。そのため、いろんなニーズに応えるべく葬儀社では複数のプランを提案し、選択がしやすいようにされています。

人生最後のイベントであるお葬式を行う前に、具体的にプランを決めておくと周囲の方も安心です。そのためにそれぞれのプランの特徴をあらかじめ知っておくことが大切です。昔から多くの方が選択していたのが一般葬です。これは通夜や告別式、火葬といったいわゆるお葬式で行われている儀式をすべて行うことが大きな特徴となっています。また参列者を親族に絞るといったことはなく、親しくしていた方を多くお葬式にお呼びすることができます。費用に関しては他のプランよりも多くかかることは理解しておかなければなりません。

一般葬では参列者が多い場合もあり、参列した方への対応がハードになることもあります。もっとこじんまりとしたお葬式にしたいという方は家族葬がプランとして用意されています。これは参列者を制限したものといえます。家族だけで行う、親族も含めるなど、自由に決めることができます。人数の調整がしやすく、飲食費などを低く抑えることができます。一般葬に比べると費用をリーズナブルにすることができる点は大きなメリットと言えるでしょう。ただあらかじめ参列者に制限を設けることを伝え、理解を得ておく必要があります。

ページの先頭へ戻る