お葬式に関する知識
お葬式に必要な知識について

お葬式に関する知識

人生ではいろんなことをイベントとして行いますが、その中でも最後のイベントとなるのがお葬式です。親しくした方とのお別れの儀式でもあります。このイベントについては、生前にできるだけ早く準備をしておくことで、周囲の方とのお別れをスムーズに行うことができます。まだ亡くなってもいないのに早いのではないかと思う方もいることでしょう。しかし準備を万全にしておくことが周囲の方への配慮となるのです。ただお葬式は死後に行うこともあり、あまりよくわからないという方も多いものです。そこで準備段階で持っておくべき知識について、基本的な部分は知っておくと便利です。

お葬式では様々な項目の費用が掛かります。内容によっては非常に高額になりますが、最近では費用を抑えたプランも登場してきています。そのため、内容によってはリーズナブルに行うことも可能です。費用に関しては、一般に葬儀社に支払う葬儀費用がまず掛かります。これは祭壇のレンタル費用や人件費などが含まれています。また葬儀社が手配する仕出しや返礼品に対して支払う実費費用があります。さらに寺院に支払うお布施があります。基本的にこれら3つがお葬式では支払いの対象となっています。

お葬式でかかる費用も、選択するプランによって大きく異なってきます。従来から行われていたスタイルは一般葬です。これは通夜から火葬までの3つの儀式を行い、多くの参列者に見守られながら式を行うというプランになっています。その分費用は他のプランに比べて高くなってしまいます。最近では家族だけでこじんまりとしたお葬式を行いたいと希望する方も多くなってきています。小さなお葬式を希望する方に最適なのが家族葬です。これは内容は一般葬と同じですが、参列者の人数が少ない点が大きな特徴となっています。

お葬式に時間や費用を大きくかけたくないと希望する方も増えてきており、そういったニーズに応えるべく登場してきたのが火葬式と一日葬です。一日葬では通夜をカットするため1日で終了します。また火葬式では通夜や告別式をカットしてしまいます。火葬式は各プランの中で最もリーズナブルな費用で行うことができます。

お葬式では葬儀社に依頼をしますが、今では多くの葬儀社があり、選択に迷ってしまうこともあります。この際にはいくつかのポイントを考慮に入れてじっくりと選択していけば間違うことがありません。こちらではお葬式を行う前の準備段階で知っておきたい知識について説明します。今後のためにも基本的な知識を頭に入れておきましょう。

お知らせ

【2018年09月19日】ホームページを更新しました。

ページの先頭へ戻る